パワーストーンブレスレットはどちらの腕につけると良いの?


パワーストーンブレスレットは、基本的には左右どちらの腕にしても構いません。
ブレスレットをしていることで不都合があったりストレスになってしまうようでは、元も子もありませんから、自分が違和感を感じないほうにつければいいでしょう。

そうはいっても、つける腕によって意味合いが変わってくることも事実ですので、どうせ身につけるなら、意味合いにもこだわりたいという人も多いですよね。
そういう人のために一応説明しておくと、右腕につけると、右手は左脳につながって現実的なものごとを扱うといわれているため、夢や願望を早く実現させたいときにいいとされています。
そして、左腕につけると、左手は右脳につながって精神的なものごとを扱うといわれているため、潜在能力を高めたいときにいいとされています。

例えば、クリスタルなどのように全体運を良くする石のブレスレットの場合は左手に、タイガーアイなどのように勝負運を上げるブレスレットの場合は右手につけるといいでしょう。

This entry was posted in パワーストーンの扱い方. Bookmark the permalink.

Comments are closed.

他にもこんな関連記事があります